お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

対症療法と原因療法の根本的な違い

例えば風邪をひいた時、咳と痰、鼻水、発熱などが起こり、吐き気をもよおしたり、下痢をしたりすることもありますが、それらの症状は生体の防御反応であり、痰や鼻水も喉、鼻の中にあるウイルスや菌を追い出しているのです。

ですから、むやみにこれら表面に出ている自覚症状を薬等で抑えてしまうのは問題があり、病気そのものの原因を取り除くことによって根本から修復することを目指した施術法である原因療法が体に一番優しい施術方法だと言えます。

生体が自然に風邪を修復させてゆく例をとっても、生体においての真の修復の行程を薬剤では再現することはできないのです。

真の修復のプロセスそのものは、人体のもつ「自己修復力」によってのみ実現可能であり、表面的な現象に対応するしかない対症療法で補っているのが一般的な医療の現実なのです。

分析ばかりしていて役に立たない医学が蔓延っていて、どのように免疫力が上がり病気から修復できるのかという、科学的追求は殆ど行われていません。

上部頸椎への矯正により、我々の体にもうすでに備わっている自己修復力というシステムが働いて、何らかの体の異変が正しく脳へ伝わり、そしてその情報を元に病んでいる部位へ脳からの修復のための的確な指令を送り出す事になり、これが真の修復のプロセスそのものなのです。

脳から無数の神経線維が伸びて連結して全身に拡がって行く中継地点の大元にあたるところが、上部頸椎への矯正ポイントになりますから、矯正によって脳からの情報がスムーズに伝わるようになり、病んでいる患部のみだけではなく全身にも効果が現れるのです。

病状や症状に応じて上部頸椎の矯正ポイントを変えていくものではありません。真の修復のプロセスそのものが迅速かつ円滑になる結果として、病状や症状が自然によくなってゆくという方法で、症状という現象を前提にしたり、病状を参考にして行う施術ではありません。

◆ 原因療法の特徴と利点

◇ 苦痛となる症状が根本から和らぐことで、日々の生活を快適にすることができ、充実した時間を過ごすことに役立ちます。

◇ 修復力が高まり、患部のみだけではなく全身に変化が現れます。

◇ 体にダメージが残る副作用はありません。(好転反能が伴う場合もございますが、一過性のものなのでご安心ください。)

◇ 体調が整うごとに体のゆがみが改善されます。

◇ 傷が修復してゆくのと同様で、自己修復力の働きは意識でとらえにくいです。

対症療法とは、表面的な症状や病状の修復または緩和を目的とした方法であり、一般的な医療機関で行われている方法にあたるものですが、将来の健康を考えると、あまり望ましいものではありません。

表れている症状の多くは、病気の原因を取り除こうとする正常な生体反応の結果なのであり、例えば発熱は、ウィルスや細菌の侵入に反応して、それらの病原体を排除しようとする防衛反応の一つであり、下痢や咳も同様なのです。

その大切な生体反応を抑えてしまう対症療法で誤魔化して、根本原因を放置したままでは、 かえって病気を悪化させたりする場合も起こり得ます。

病原体を排除しようとする防御反応としての発熱や下痢などの症状に対して解熱剤や下痢止めを処方することは、かえって症状をこじらせたりして疾病からの回復を遅らせる場合もあることを理解しておかないとならない。

◆ 対症療法の特徴

◇ 医薬品に依存するようになってしまうという問題があります。

◇ 一時的には症状を抑えられたとしても、薬物の服用を中止すると、とたんに元の不調な状態に戻ることがあります。

◇ 根本の原因を解決する方法ではないので、長期に渡り(場合によっては数十年でも)その薬剤を服用しなければならなくなる場合があります。

◇ 副作用の影響により、当初は不調ではなかった他の臓器に不調が発生することが多い。 (例えば、頭痛薬の服用で胃が痛くなるなど)

体調不調や症状をよくしようとして医薬品を服用すると、新たな副作用が現れ、されにそれを抑えるための他の対症療法に頼るというような悪循環に陥ってしまう傾向にあります。

     

上部頚椎の矯正は原因療法です。

体のゆがみ矯正 手の長さチェック 施術前