お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

臨床経験から、むくみやすい飲食物をつきとめました。

人間の体には約60兆の細胞があり、人体の60~70%が水できていますが、血液の約90パーセントが水であり、 脳の約75%も水なのです。

水が不足すると、血液がドロドロになり常に水を補給する必要があり、体内の 水が4%不足すると、具合が悪くなり疲労があらわれ、 水が20%不足すれば、生命に危機を及ぼし死に至ることもあります。

体重10kgあたり、1日に500mlの水が必要であると言われていますが、 水は体の中で滞っている不要な水分を排出する働きがあり、代謝がよくなることで脂肪の燃焼も促進されます。

上部頚椎の矯正により、体調不良が改善される一部分としてむくみ解消も自然になされ、自己修復力が十分に働いていれば、むくみの改善はけっして難しい問題ではありません。

しかしながら、むくみの取れ方が著しくない方に接しているうちに、「おそらく飲食物が関係しているに違いない」と、思いを巡らせておりました。

きっかけは、中国に赴任しておられるAさんが帰国の度に来院されるのですが、上部頚椎の矯正後に仮眠ブースで休息をとっていただいている時に毎回きまって、したたるような多量の汗をかかれていました。

 「これは、日常の飲食物の中に何か不要なものを摂取されてているに違いない」と思い、お尋ねしましたところ、「ペットボトルに入った中国茶を毎日、飲んでいます」というお話でした。

Aさんがペットボトルの中国茶を止められた後は、施術後には多量の汗が出なくなり、まぶたのむくみもなくなりました。

お茶やコーヒーそしてジュースなどは、淹れたてや搾りたてを飲まないと、酸化の変質により濁ったり苦くなったりという自然現象を、何らかの添加物で抑え込んでいることがむくみにつながっているのだと思っています。

上部頚椎の矯正にて汗の質も変わりサラッとした汗に変わりますが、ただしむくみにつながりやすい飲食物を取っていると、ベットリとした汗になって来ます。

夏の時季に汗をハンカチで四六時中拭いているような人は、やはり汗がベットリとしているから気持ち悪くて拭かずにはおられないのでしょう。

その後、むくみの取れ方が芳しくない方に、むくみの原因につながっている可能性の高そうな飲食物に対して、一品づつ1~2週間単位で飲食を中止して探ってみましたところ、以下の品目が判明しました。

◆ むくみにつながりやすい、飲食物 (順不同)

◇ 缶コーヒーとインスタントコーヒー

◇ ジュース 搾りたてではない、紙パック、ペットボトルや缶入りも含む

◇ 清涼飲料水

◇ 豆乳

◇ 牛乳

◇ ヨーグルト

◇ チョコレート (輸入品の中では、むくまないものも)

◇ 醸造用アルコールが入ったお酒類

◇ 缶ビール (アルミが作用している)

◇ 浄水器・整水器 (活性炭や中空糸膜などに、銀を使用しているもの)

◇ 硬水のミネラルウォーター

厄介なことに毎日のように摂取しているものが大半ですから、しかも長期に渡って摂取し続けていますから、頑固なむくみとなって現れます。

セルライトと顔むくみ改善のために、摂取を中止してみられたらいいと思いますが、一品目ずつ1~2週間単位で中止して行くのがコツです。

はっきりとこれはいけなかったという認識を経験して、自発的に継続して止めることができるのです。

多品目同時に中止しては、どれがどうだったかとうやむやになり、継続しての中止は難しくなります。

絶対量が足りなくなっている塩分不足ですね、高血圧の方の対策とかで育った家庭が薄味で、その味覚を引き継いで塩分不足になりがちという方が時折いらっしゃいますが、塩分不足は、けだるい感じが続いて活力をなくしてしまうことでしょう。

むくみは、顎関節のゆがみを矯正して、唾液分泌の正常化を図る。