お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

消化吸収機能とむくみ改善

体調不良に陥っている方には体のむくみを伴っている方が多く、むくみがあると体が重だるくなり、不快感がついてまわります。

体の水分代謝が円滑に行われずに、水分が体外に排出されにくくなって体に停滞してむくみとなって現れているのです。またそのような方は、尿が出にくい、汗が出ないという不調も伴っているかもれません。

20年を超える上部頚椎施術の臨床経験から申し上げますと、むくみの改善は、唾液の分泌を正常化して、消化吸収から排泄までのバランスを整えることに尽きます。

代謝システムにおいては血液とリンパ液が重要な役割を果たしており、血液やリンパ液が流れている血管やリンパ管、そして枝分かれした毛細血管と毛細リンパ管が、体中にネットワークのように張り巡らされています。

心臓から出た動脈は枝別れして、末梢の毛細血管が体中の細胞にも栄養素や酸素を送り続けています。この毛細血管も血圧により加圧されていますから、血管の中の水分は血管の外ににじみ出ようとします。

その一方で、血管の中にはたくさんのタンパク質があり、浸透圧作用により水分を血管の中にとどめようと働いています。このバランスの均衡が崩れるとむくみが生じることになるのです。

タンパク質と水分の浸透圧作用のバランスが崩れていると、体の水分が異常に増し、むくみが現れることになります。

健康な方の場合は、生体の恒常性が十全に機能して体内環境の生理的な調和も保たれておりますので、この両者の力もつり合い、均衡が保たれていて、むくみは発生しません。

このタンパク質と水分との浸透圧作用の崩れたバランスを立て直すのには、消化吸収から排泄までのバランスを整えることが必要であり、それこそがむくみ改善のカギとなるのです。

そのため、消化吸収の肝心要であり、スタート点でもある唾液分泌の質と量の分泌を正常化することが重要になります。

顎関節のゆがみがあると、口の周りや顎関節の周囲に存在している唾液腺への圧迫がありますから、顎関節の位置が正しくなることが唾液分泌の正常化へ向けての糸口になります。

顎関節のズレがあると唾液腺を圧迫して、唾液の分泌量を非正常化させて、咀嚼(そしゃく)から排泄にいたるまでの消化吸収の機能をくるわせてしまいます。

唾液腺は、大唾液腺である耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つと小唾液腺の口唇腺、頬腺、舌腺および口蓋腺、洗浄腺の8種類からなり、成人では1日あたり約1.5リットルもの唾液を分泌しています。

消化には、8種類もの多くの種類の唾液腺から出る唾液の質と量が絡み合っており、また唾液は成人の1日あたりのお小水と同じ程に多く分泌されているのですから、唾液は消化吸収への影響が大きく、その質と量のアンバランスにより様々な体の不調が生じるのです。

唾液の分泌がうまくいっていないと腎臓にまで悪影響を引き起こして、腎臓での血液ろ過も十分にままならなくなり、血液の質までも狂わせてしまうのです。

このような悪循環が、タンパク質と水分の浸透圧作用の最終的なバランス崩壊を招き、むくみ(浮腫)や様々な重い病へとつながっていく一つの大きな要因にもなっているのです。

むくみの施術も、上部頚椎のたった一箇所を矯正(アジャストメント)し、後は自己修復力(イネイト)の働きに委ねるだけです。自己修復力・整体作用により頭蓋骨のゆがみも正されます。

頭蓋骨が矯正されると、頭蓋骨の一部分である顎関節の位置も自動的に矯正され、唾液の分泌も正常化されて顔むくみやセルライトも改善されます。

臨床経験上、むくんでいる人の汗はベットリとしていますが、上部頚椎矯正後にむくみ改善がなされるとサラッとした汗に変わっていくようです。

ただし、むくみやすい飲食物を摂取し続けているとベットリとした汗になりますので注意が必要です。

顔のむくみが取れると頬にへこみが出てくることも伴い、そのように口元のゆがみが正されてゆくにしたがって顎関節症も改善に向かい、顔色も良くなって元気になってゆくという好循環を生みだします。

顎関節のゆがみを矯正して唾液分泌の正常化を促すことで、むくみのが改善に向かいます。