お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

猛暑による夏バテと自律神経

高温多湿な気候がに耐えられなくなっているのが夏バテなのですが、体の水分や体温を一定に保とうとして体力を消耗して体にかなりの負担がかかっています。

汗をかいたり血管を拡げたりして体温を外へ逃がそうとする自律神経の働きが衰えていると、夏の疲れがなかなかとれなくなり、体がだるくて食欲不振などの様々な症状が続きます。これが夏バテなのです。

猛暑をうまく切り抜け、夏の疲れを取るためには、自律神経の乱れを整えることが有効な手段となり、上部頚椎を矯正して体調不良を整えるのが一番の近道です。

夏バテに陥っていると、体内にたまった熱を外に放出する機能が低下してしまいます。暑い時に汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃がそうとするのは、自律神経を介して体の恒常性機能の働きで体温を保とうとしているのです。

体内恒常性維持機構 (Homeostasis:ホメオスタシス)とは、体温や血圧、血糖などの代謝調節を、自律神経の働きにより精密に調節している、体内環境を一定に保つ能力のことを指します。

健康な人の体温は、外気温が変化しても約36度になるように調節されていますが、自律神経の働きが乱れていると体温調節がうまく出来ずに体が夏の暑さに順応できなくなり、夏バテの大きな原因になるのです。

体力低下や食欲不振などの様々な夏バテの症状を招いて、夏やせにも陥いると更に体力の低下を招いて、秋口にまで尾を引いて抜け毛に悩む方もいらっしゃるくらいです。

アクセルとブレーキの関係にある交感神経と副交感神経の2つの神経が、綱引きをしながら働いてバランス良く機能することによって体調が保たれます。そのため、夏バテ改善に関しても交感神経と副交感神経のバランスが重要です。

しかし、冷房のきいた部屋で一日中過ごしていると、夏の暑さに順応する体温調節機能が麻痺して体温を放出できなくなり、うまく汗をかけなくなってしまいます。

上部頚椎施術の臨床経験からすると、寝冷えが体のだるさの大きな原因となっていることを痛感いたします。この寝冷えが、夏バテからくる倦怠感を増幅させているようです。

寝冷えは、明け方に気温が下がって体が冷えてしまい、起床後も一日中だるさが続き、最悪の場合は夏風邪を引いてしまうというような現象です。

寝冷え防止策としては、掛け布団やタオルケットが寝ている途中にはだけてしまって被っていないことが考えられますから、 吸汗速乾機能を備えた長袖のシャツを着て寝ると明け方に気温が下がっても体温の放熱を避けて有効です。

ちなみに私は、仕事の関係上ベストコンディションを保つべきですから、薄手のフリースの長袖を来て就寝しています。

また、夏バテに悩むような、夏の時季に弱い方は、汗の出が悪い方が多いのです。このようなパターンには、上半身だけ、顔だけといった偏った汗のかき方をする方も含まれます。

つまり、汗が出にくいと体にこもった熱を放散しにくくなり、外気温に体が順応できなくなり大変になるということです。

発汗作用に関しては唾液の分泌がおおいに関係していて、発汗が上手くできていない方には「口が乾きやすくむくみがある」という共通した特徴があります。そのような方は、消化吸収のスタートである唾液の分泌が不十分のために食欲不振が起こって体力が減退し、悪循環に陥ってしまっているパターンがほとんどです。

■ 夏を過ごしやすくする飲み物と寝苦しい夜の快眠

唾液不足は、喉が渇いて水分の摂り過ぎからも食欲が減退し、清涼飲料水をたくさん飲んでいると糖分の摂り過ぎにもなります。

港区立消費者センターの調べでは、コーラ一缶には角砂糖9個分(35g)が含まれているというデータもございます。糖分を摂りすぎると血中のカルシウム濃度が低下し、神経伝達速度が鈍くなったり、炎症を抑える働きも低下してしまいますから要注意です。

仕事がら首に手を触れることが多いのですが、サラッとした汗の方は、比較的お体の調子は上向きですが、逆にベットリとした汗をかいている方ほど体調不良に陥っているケースが多いようです。

まして猛暑の時季には、サラッとした汗の方が放熱性も高いのですが、ベットリとした汗はより夏の暑さを増幅しやすく悪循環です。

汗をハンカチで四六時中拭いているような人は、後者のタイプだと思われますが、やはり汗がベットリとしているから気持ち悪くて拭かずにはおられないのでしょう。

上部頚椎の矯正後は汗の質がサラッとしてくる傾向にあります。ところが、体に良くない飲食物を摂っているとベットリとした汗になってくる傾向にあるので注意が必要です。詳しくは「むくみやすい飲食物」のページをご参照下さい。

◆ 夏バテの症状

◇ 倦怠感

 むくみ

◇ 食欲不振

◇ 集中力の欠如

◇ 無気力

◇ 不眠

◇ 冷え

上部頚椎矯正後に自己修復力によってなされる夏バテ回復のメカニズム

◇ 心拍数を安定させ、体の血液循環(血流)の正常化

◇ 血圧を安定させる

◇ 唾液腺の分泌を促進

◇ 消化管機能(消化管運動、消化液分泌)の亢進

◇ 排尿機能のバランス調整

※ 炎天下などで汗をかいた時には水分だけでなく塩分も含めた体のミネラル分も排出されますので、塩分の補給が必要になります。しかし塩分の過剰摂取を戒める風潮があり、塩分を控えることが浸透しているため、塩分の補給が不十分になっている方が多く見受けられ、そのような方はむくみが生じたり、体がだるくなったりしてバテてしまう傾向にあります。

脳から筋肉への神経伝達物質として、カルシウムが中枢神経からの命令を筋肉に伝えています。しかし、汗とともに排出されてミネラル不足が起きると、筋肉への指令が滞り、筋肉がけいれんしやすくなります。

足がつるこむら返りも筋肉のけいれんです。そのため、汗を多量にかいた後にはミネラル分を多く含んだ塩を補給することをこころがけることがこむら返りの予防につながり、同時に足のだるさ改善にも役立つはずです。

この体の塩抜けには、水分だけではなく塩分補給が必要です。スポーツドリンクはあまり関心しませんが、ヨロン島の塩じねんが塩辛さをあまり感じにくくてお勧めです。

自律神経の働きが良くすることが夏バテ対策になります。

          対象
自律神経  
呼吸運動 消化管運動 消化液分泌 副腎髄質
交感神経 促進 抑制 抑制 アドレナリン分泌促進
副交感神経 抑制 促進 促進 分布せず
交感神経と副交感神経系
  神経の起点 末端の伝達物質 はたらき
交感神経 脊髄 ノルアドレナリン 体を活動,
緊張状態にする
副交感神経 中脳・延髄・仙髄 アセチルコリン 体を安静,
休息状態にする