お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

いびき改善が睡眠時無呼吸症候群(SAS)の予防

いびきが原因で、良く眠れない不安を抱えていませんか ? 他の病気などに比べあまり表に出てきませんが、ねむけやだるさと疲労感、、うつ状態、元気が出ない、頭の回転が悪くなる、集中力の欠如などを招きます。

睡眠時無呼吸症候群 (SAS)や大きなイビキは、のどが狭くて充分な呼吸ができません。 いびきは、うるさくて安眠妨害ですから、いびきを克服して回りの人にも迷惑をかけたくないですよね・・・・

10秒以上の無呼吸が1時間に5回以上続くと、睡眠時無呼吸症候群(SAS: Sleep Apnea Syndrome)であると定義されています。

体が酸欠を起こして熟睡できないばかりでなく睡眠による疲労回復も不十分になり、睡眠不足から日中も疲れやすくなります。

呼吸が頻繁に止まっていると血中の酸素量が低下して酸欠状態になり、それを補正するために呼吸筋は忙しく働かねばならず、かえって睡眠時に疲れてしまうのです。

「眠れない」、「翌日仕事がある」、「睡眠不足で体調を崩す」、「集中力も欠けて仕事でミスをよくするようになった」・・・かなりストレスがたまって悩まされてしまうのです。

日々の疲れを取り健康を維持するためには、快適な睡眠が大切なのですが、いびきや睡眠時無呼吸症候群は眠れば眠るほど疲れがたまる傾向になります。


■ 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因

いびきや無呼吸の原因は、体のゆがみです。 のど周囲や口の中と首のカーブ舌の筋肉などに体のゆがみが作用して空気の通り道(気道)を塞いで息の通りを妨害しているのです。

睡眠中に体がリラックスする、顎が下がり、また舌も後方へだらりと下がり、空気の通り道 (気道)を塞ぎます。

詳しくは、のどの「咽頭」という部分が狭くなって空気の通り道を圧迫している事が、睡眠時無呼吸症候群(SAS)やいびきの原因なのです。 同時に舌が邪魔をして咽頭のスペースを狭くしています。

のどの空気が十分に通らないと睡眠中の呼吸が充分でなくなり、血液が運ぶ脳への酸素供給量が少なくなって、睡眠中の大切な疲労回復が妨げられます。

熟睡を妨げる不眠原因として、いびきの問題があるのですが、イビキをかいている分呼吸も浅くなりがちで充分な酸素供給もできなくて、輪をかけて疲れが抜けなくなってしまいます。

のどは、睡眠中に狭くなる傾向があり、空気が狭くなったのどを無理に通るとのどの粘膜が振動して、鼻詰まりとともにいびきの一つの原因になるのです。

分かりやすい実験なのですが、仰向けに寝ている状態で枕を高くして顎を引いたような状態にして鼻で呼吸をしてみると、鼻の奥と喉がつながっているあたりの空間が狭くなって鼻から流れている空気が通りにくくなる感じがするはずです。

これが狭くなったところを空気が無理に通ると、のどの粘膜が振動して鼾が出るのと近い感覚なのです。

逆に枕を低くして顎を突き出しているような時は、のどの空気がスムースに通る感覚になるはずです。

◆ ストレートネックなどの首の頚椎のゆがみも原因

首のカーブに異常をきたしている首ストレートネックは喉の隙間が狭くなり、いびきをかきやすいと言えます。 正常な頚椎のカーブを取り戻せばいびき改善につながるのです。

頚椎カーブ異常からのどが狭くなる傾向が大きいほどイビキと無呼吸は、ひどくくなり中には爆発音のような激しいいびきもあります。

鼾は鼻で書いているのではなく喉でかいているのであり、いびきの原因は鼻詰まりとのどにあるのです。

いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の主訴で来院の方は、口蓋骨が下がっているのと舌が上へと膨らんで、気道の入口を狭くしているイラストと同じような感じになっているか、重症の場合は喉の奥が塞がって見えなくなっています。

お悩みの方は、一度ご自身の喉の奥を鏡に映して確認してみて下さればいいと思いますが、十全治療院では毎回、施術前後に確認している項目です。

あごの下の角度が浅い方や歯並びが悪くて噛み合わせ不良がある場合やあごの骨が小さい方は、気道の入口が狭まくなりやすいですから要注意です。

■ いびきと無呼吸を付け焼き刃でなく、根本的な施術

◆ あなたのいびきを改善し、快眠と健康を維持して、周囲への迷惑をなくすことが、このページの目的です。

多くの方がいびきや無呼吸の悩みを持ち改善策も見つからず、諦めかけているのが現状ではないでしょうか?

入院しなくてもいい、いびきレーザー手術もありますが、根本の原因を絶つ方法ではありませんし、100%修復できる保証はないので不安です。

CPAP(シーパップ)装置がいびき・無呼吸症候群の主な施術法としてあります。 マスクを着用すると苦しくて使用しない方もいらっしゃいます。

◆ 一時しのぎではない、いびき改善

マウスピース、CPAP(シーパップ)やいびき防止枕などに頼らない、一時しのぎではない手技療法です。

いびきと無呼吸の施術は、首の頚椎をワンポイント矯正して対応します。 睡眠時無呼吸症候群リスクが軽減します。 日中の睡魔も消えて毎日すっきり目覚めることになるでしょう。

上部頚椎矯正の効果は15種23個の頭蓋骨のゆがみにも対応しますから、体のゆがみが改善されるに従って口蓋骨と舌の位置が定位置に戻り、咽頭と気道の入口の正常なスペースを確保できるようになってまいります。

顎を前方に保持して、舌根が咽奥へ落ち込むのを防いで、上気道の空気の通り道を確保します。 頭蓋骨の歪み矯正により、いびきを根本的に解消!

施術後の経過が良好になり、「熟睡って、こういうことかと分かった」と発言された方もいらっしゃいました。

右側の「睡眠時無呼吸症候群の原因施術前と後」、「いびきの原因施術前」は、舌の奥の咽頭のスペースである気道の入口より狭まっています。 のどの入口が狭くなっていると呼吸が不十分になり、酸素不足状態になり熟睡できません。

上部頚椎の矯正により、患部から脳への情報伝達→脳から患部への指令が円滑になされると自己修復力・整体作用が働ていて、いびきと無呼吸の原因を解消します。

歪んでいる部位に手を加えなくても、 自然に体のゆがみ矯正により睡眠時の呼吸が楽になります。同時に、いびきと無呼吸症状も快方に向かうのです。

◆ いびき改善で熟睡して、スッキリ目覚める

1. 体のゆがみ改善は、ミリタリーネックやストレートネックから正しい頚椎カーブが戻って、狭くなったのども拡がり気道狭窄が正され通りが良くなり呼吸が楽になる。

2. 頭蓋骨のゆがみ矯正がなされる結果、口蓋垂や口蓋咽頭の緊張も取れて適切なスペース確保につながります。 呼吸時の空気の通りが良くなりイビキの振動や呼吸が止まる睡眠時無呼吸が改善される。

3. 鼻のゆがみが正されることで、鼻づまりが改善されて鼻の通りが良くなり、口で息をしなくなって口内の乾燥が軽減するイビキ対策。

4. 仰向けに寝ている時に舌根(舌の根元)が喉の方向へ落ち込んで、空気の通り道である気道を塞ぐことだと言われている舌の緊張を緩和する。

5. 顎関節のゆがみ矯正効果により顎関節症施術になる。 その効果として、唾液分泌が円滑になって口が渇かなくなり喉が潤い、喉の炎症が軽減される。

■ 怖い、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の合併症 

これが慢性的な疲労につながり、日中の耐えがたい眠気や 集中力の低下 を招きます。  睡眠時無呼吸症候群の合併症の高血圧などを招く怖い病気の原因の一端です。

極端にのどが狭くなり、完全にのどが塞がってしまうのが放置しておくと9年後の生存率が約60%になるといわれているくらい、睡眠時無呼吸症候(SAS)は、頻繁に息が止まる怖い病気なのです。

◆ いびき 不眠は、ダイエットの敵

その他、不眠が食欲を増進させるホルモンであるグレリンの分泌が増えて体重増加を招く・・・・・「不眠は、太る」と言えますし、「無呼吸で太ってしまった」ということになりかねません。

◇ インフルエンザ  体の抵抗力が低下すると同時に、鼻づまりからの口呼吸は口内が乾燥し、のどの粘膜の炎症を起こしやすくなる。

◇ 高血圧

◇ 心筋梗塞

◇ 脳卒中

◇ 発育阻害(小児)    眠りが浅いと成長ホルモンの分泌が著しく悪くなり、身長が伸びない(発育不良)などの弊害が出る。

◇ 体重増加

◇ 日中が眠く疲れを感じやすい

このようなことから、熟睡するためには睡眠中の呼吸を正しくするために、イビキ対策が重要なのです。


 ◆無呼吸の対症療法は、副作用も伴う

◇ CPAP (シーパップ)   持続的陽圧呼吸療法(閉塞型睡眠時無呼吸症候群に有効な療法だと言われている)

◇ 口腔内装具(マウスピース、スリープ・スプリント)

◇ 口呼吸防止用の口封じ絆創膏

◇ 適正な枕の使用

◇ 肥満の解消

◇ ミセル化した特殊なコエンザイムQ10(サプリメント)    喉を拡げる筋肉に働きかける

◇ 鼻の手術    鼻中隔彎曲症や肥厚性鼻炎

◇ 口蓋垂口蓋咽頭形成手術

■ いびき症状や無呼吸の家庭での検査

睡眠時無呼吸やいびき症状を確認することができる、検査器具をご紹介します。  Amazon.co.jp で購入できます。

睡眠時の状態を把握するために、 「PLANEX 睡眠表示計 ズーチェッカーメモ ZZZ Checker memo PH002」が 睡眠時の状態を把握するために最適です。

「音」でしか確認できないカセットレコーダーやICレコーダーでは、無呼吸やいびきの音を調べるのには、時間と手間もかかり過ぎます。

ZZZチェッカーメモは、「いびき音」だけでなく、寝返りなどの「動き」も記録できます。記録したデータをグラフにして、「音」や「動き」のあった時間帯と頻度の確認も可能です。 記録された「音」の再生も行えます。

睡眠時無呼吸症候群は、体調不良を引き起こし、生活習慣病を悪化させる。

頭蓋骨ゆがみと睡眠時無呼吸症候群
体のゆがみ矯正 手の長さチェック 施術前