お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

体調不良や自律神経の乱れを整える働きは、体内に備わっているのです。

近年の再生医療や遺伝子医療などといった現代医学の目覚ましい進歩には、目を見張るものがあります。

また病気の検査も、CTやMRIなどの画像解析や血液検査などの分野において、目覚ましい進歩を遂げつつあります。

しかし、それら先端技術をもってしても、精妙な人体のメカニズムはごく一部しか解明されておらず、事実において新型インフルエンザひとつに関しても、満足のいく修復に導けていないのが現状ではないでしょうか。

怪我や病気になった時に薬や医師の力に頼らなくても、安静にして時間の経過とともに、快方に向かったことを何方も経験されているはずです。

そのことが示唆するように、私たちには病気になっても自分自身で自然に修復する働きが備わっていて、基礎体力が旺盛であれば、病気やけが、体調不良に陥っても、自然に免疫力が高まり自己修復力で克服できるのです。

生命を維持しているのは、薬や医師、病院と医学ではなく、ご自身の自己修復力を担っている生命力そのものなのです。

現代社会においては健康を蝕む要因が増加の一途をたどっており、健康不安もそれに伴いますます増加してしまっています。

「自分の健康は、自分で守る」、「健康管理は他力本願ではなく自己責任」の時代なのではないでしょうか ?

そのような観点からも、自らに備わった自己修復力の働きを高める上部頚椎への矯正は理に適っており、生命を養っていく施術なのです。

例えば、辛い肩こり顎関節症の症状を抱えていらっしゃっても、マグネットを手足の一ヶ所に貼る方法、または手技による方法によって、上部頚椎の一箇所を矯正するだけになります。

上部頚椎の矯正により妨害のなくなった脳からの神経伝達が全身に変化をもたらすきっかけとなり、その結果として体調不良が改善に向かい、本来の健康と元気を取り戻すようになります。

すなわち上部頸椎の矯正後の状態を維持管理することにより体調が整い、その過程に様々な辛い病状や自覚症状が改善に向かうことになります。

一方対症療法は、施術者や医師の学んだ知識や技術を体に押し付けているだけであり、副作用を伴い、自己修復とは違った方向へ進んでしまうのです。

脳からの神経伝達が全身を修復に導くようにすることを目的とした施術であり、病名や症状から施術方針を決定するものではありません。

上部頚椎矯正による体の各部位から脳への情報伝達、そして脳から全身への指令が完全に行われることにより全身の機能が回復して、病気や辛い症状、体調不調が改善に向かいます。

上部頚椎の矯正により体全身の機能と体調が回復して行くに並行して、良くなればなるほどに体のゆがみも改善されてまいります。

自己修復の現象は、傷が修復してゆくのと同様に意識では捉え難いので、体のゆがみが改善される様子を見比べたり、体のゆがみ改善を動作の差で確認することによって、体が快方に向かっていることを確認していただきます。

ただし、体のゆがみの改善は施術によってもたらされる変化に過ぎず、それのみの目的の施術ではありません。

上部頚椎の矯正の真の目的は、本来の健康を取り戻し体調を整えることにあり、体調不良がよくなるごとに体のゆがみが改善されるという法則を確認していただくということです。

上部頸椎の矯正は、免疫力アップと体調不良からの改善を促します。

自律神経