お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

血行障害による冷えの改善は、自律神経の乱れを正すことで改善へ向かいます。

「手足が冷えてかじかんだ感じで辛い」、「夜に布団に入った後も足が冷たくて寒くてなかなか眠れない」・・・冷え性対策をして血行障害をなくし、体を温めて快適な生活を始めましょう。

冷えの症状部位には、歪みが必ずと申し上げていいほど発生しています。ゆがみがある部位には、神経圧迫が伴っています。 脳からの指令は神経を伝わって毛細血管にまで至り、血管の収縮と拡張を繰り返して血流をコントロールしています。

神経が圧迫されているところでは、脳からの指令が血管まで十分に至らず血行不良になり、温度低下が起きて冷えが起こります。

また、歪みのある部位は筋肉や骨が血管を圧迫して血流障害が起きています。 そして温度低下が起きて、冷えの症状が発生するのです。

すなわち、一時しのぎではない冷え性対策は、神経圧迫を取り除くことになります。 それによって脳からの指令を手足、あるいは全身に滞りなくめぐらせることが必要です。

「冷え」の原因

(1) 血行不良・・・・・末梢循環障害である手足の冷えは、神経圧迫が起きている部位につながっている背骨のズレが原因です。

(2) 貧血・・・・・・・頭部の血流が30%以上滞る、車の燃料不足と同じです。

(3) 肌荒れ・・・・・・・肌荒れがあると、皮膚呼吸・体温調節がうまく運びません。
特にアトピー性皮膚炎は、体全体に冷えを感じることが多いです。

(4) 虚弱体質・・・・・体力が衰えて、体力を温存するために毛穴や毛細血管を閉じて新陳代謝を制御しているため、生体が体温を低くして、体温が上がらない状態です。 平均体温が36°C以下の方はこのタイプが多いです。

(5) 横隔膜・・・・・・心臓から出た腹大動脈という太い血管が圧迫されていると、全身への血液循環に影響します。また横隔膜の位置異常による動悸や不整脈などを伴う事もあります。お腹の冷えも起きてきます。

(6) 自律神経の乱れ・・・ストレスなどにより、交感神経が過活動になり手足の皮膚の血管を収縮させるために起こります。

(7)  褐色脂肪細胞の働きの不全 ・・・・・・ 体が寒さを感じるのに応じてエネルギーを貯える細胞の白色脂肪細胞から褐色脂肪細胞への燃料供給が起きて、それを燃やして熱を発生させることで体温を上げます。

※ 首と肩甲骨付近に密集している褐色脂肪細胞が活発に働けば、そこで熱が生み出され、体温も基礎代謝も上昇して、全身に温かい血液が送られることで体温が上がります。

冷えを感じるセンサーである冷点が多い部位である、手がスイッチとなって褐色脂肪細胞を活性化させるのです。手は全身の中でもっとも脳における感覚野の領域が広い場所です。

冷たいものや冷気が手に触れると冷たいという大量の情報が脳に伝達され、脳が体温を上げる必要があると判断し、褐色脂肪細胞を活発にして体温を上げようと働くのです。

背骨の首の骨の部分である7本の頚椎のうちの4~7番目の頚椎の両脇から手に向かって腕神経叢(わんしんけいそう)と呼ばれる神経が束になって流れています。

センサーである冷点が存在する、手からの温度情報が腕神経叢を通って脳の感覚野への情報が正確に伝達されないと、褐色脂肪細胞を活発にして体温を上げようとする働きが正しく機能しなくなり、これが冷え性の原因の一つとなります。

これは首が歪んで頚椎の腕神経叢に神経圧迫が起き、手の冷点からの温度情報の脳の感覚野への伝達が妨害されているということです。つまり手の感覚が鈍麻になってしまうと冷え性につながってゆくのです。

冷えには大きく分けて2つのタイプがあり、全身が冷えて体温が常に36℃以下になってしまうタイプと、末梢循環障害であるが冷えるタイプに分けられます。

前者の体温が36℃より低い状態が続いているタイプでは、体力が極端に落ちてしまっていて、皮膚の毛細血管や毛穴を閉じて体温を外へ逃がさないようにして体力を温存している、すなわち体の状態をさらに悪化しないように努めている、本能的な防御作用が低体温を引き起こしていると言えます。

例えば食中毒にあった時に軽い場合は下痢程度で済みますが、重傷の食中毒の場合は下痢と悪寒が伴うのは、皮膚の毛穴を閉じて体温を外へ逃がさないように体力を温存しようとしている状態です。この寒気を伴っているのは、極めて重篤な食中毒状態であると言えます。

健康な人の平常の体温は約36.8℃ですが、しかし最近は35℃台の人が増えていて、とくに女性や子供に低体温の人が多くなっているそうです。

体温が1℃下がれば、約37%の免疫力が低下するといわれていますから、体温が下がるほど抵抗力が衰えて、ウイルスや細菌に対して弱くなり、病気に負けてしまいやすくなってしまいます。

「毎年冬になると風邪をひいて長引く」・・・・・このようなタイプの方は、冷え性や低体温症を疑ってみないといけません。

体温、血圧、血糖などの代謝調節は、自律神経の働きにより精密に調節されています。 このような体内環境を一定に保っている機能は、体内恒常性維持機構 (Homeostasis:ホメオスタシス)と呼ばれています。

健康な人の体温は、外気温が変化しても、おおよそ36度になるよう調節されていますが、自律神経の働きが乱れていると体が外気温に順応できなくなるのです。

アクセルとブレーキの関係にある交感神経と副交感神経 この2つの神経が綱引きをしながら働くことで体温調節がバランス良く保たれているので、冷え性対策のためには血流を正しくする交感神経と副交感神経のバランスが重要です。

自律神経は全身の血行にも関与していますから、交感神経優位が持続していると、過度の血管収縮により血行障害が起きて体温が低下して冷え性を招きます。

副交感神経優位が続くと血管が拡張して血行が良くなり体温が上昇しますが、ただし血管が過度に拡張しても血行が悪くなって体が冷えることもあります。

つまり、自律神経が乱れて交感神経優位や副交感神経優位のどちらかが過剰になると、冷え性や不眠に限らず様々な体調不良を招いてしまいます。自律神経のバランスが取れている状態が大切であり、自律神経は健康のバロメーターだと言えます。

横隔膜のゆがみは、心臓から出て横隔膜を突き抜けている腹大動脈という水道管の太さぐらいの血管を圧迫してしまい、全身の血液循環に影響を及ぼしますから、冷え性の原因にもなり、また動悸や不整脈を伴っている事もあります。

心臓は全身と肺に血液を送るために、一心拍ごとに協調しながら無駄なく働いて、体に必要な脈拍数がポンプの役割を果たして順調に全身に血液を供給できれば、体の全ての機能が正常に働くきっかけとなって、正しい体の循環に転換してゆきます。それによって冷え性も改善されるはずです。

末梢の手足の冷え性は、手の場合は腕神経叢という頚椎4番~胸椎1番の部分から手にのびる神経、足の場合は腰神経叢である腰椎から仙椎までの部分から足にのびる神経の圧迫が手や足の血行障害を引き起こした結果なのです。

このような冷え症は、末梢循環障害である手先と足先の毛細血管に至るまでの血行不良によるものですから、と腰の骨のズレが正されれば改善することでしょう。

十全治療院では、冷えを改善するために対症療法を行うのではなく、上部頚椎のたった一箇所を矯正(アジャストメント)するだけで、全身に変化が現れるようになるという方針であり、自己修復力・整体作用により「冷え」も自然に改善に向かいます。

十全治療院にいらっしゃる方の70%は自覚している・していないに関わらず、手足は冷たくなっています。

◆ 冷え性と関連して現れる症状

◇ 生理不順・生理痛・月経困難症がある

肩こりや首筋のこりと腰痛がある

よく眠れない

◇ トイレが近く、むくみがある

◇ 手のひらや足の裏汗をかきやすい

◇ 寒気がする

自律神経は血液循環もコントロールしています。