お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

上部頚椎の矯正による自己修復力の働きで、体調不良が改善します。

体の不調や病気は自然に回復する体の働きを自己修復力と呼んでいます。

この自己修復力を最大限に導き疾病や体調不良の改善にあたるのが原
因療法なのです。

症状の緩和や症状の消滅が目的である、手術による患部の除去や医師の見立てによる医薬品の処方などの病院で行われている方法は対症療法だと言えます。

ただし、そのような症状の緩和や症状の消滅だけでは病気は改善しにくいのです。病気や体調不良が発生すると自動的に自己修復プロセスを活性化させる力である生命力が高まり、回復へ向かうというのが自然な病気の改善であるはずです。

自己の内部処理を行う以外には真の疾病の修復はありえないのであって、脳からの指令によりコントロールされている修復機能への妨害を取り除くことが上部頚椎の矯正(アジャストメント)を行う目的なのです。

脳からの指令を滞りなく全身へと行き渡るように上部頚椎に起きている脊髄神経への圧迫を取り除けば、器官や患部からの脳への情報伝達、そして脳から全身の組織に対しての指令が迅速かつ正確に届いて自己修復に導くのです。

上部頚椎の矯正は症状あるいは病状別に行う施術ではなく、そもそも病の本質は体の機能不全であり、体の不調や病気は必要な条件さえ整えば自力で自然に回復するという方針のもとで、生命力を高めて修復力が活発に働くようにするために行う施術なのです。

骨格系・筋肉系・消化器系・呼吸器系・循環器系・泌尿器系・リンパ系・内分泌系・生殖器系の10大系統に体の機能を役割分担することができますが、これらの系統全ても脳からの指令と自律神経の関与で制御されています。

これらの10大系統が機能不全に陥っていると、体調不良や病気が自力で回復しづらくなるのです。

もともと人体は自己修復に必要な様々な物質を体内で分泌していて、その時と場合に応じて脳が的確に判断してそれらを行使して免疫力を発揮します。

人体には約60兆もの細胞が存在していると言われていますが、それらの細胞全ても脳からの指令により自律神経も介在しながらコントロールされています。

表面的な症状に対応する対症療法で対応しているのとは違い、脳からの伝達の滞りを正すことは副作用もなく辛い症状の改善へと自然につながってゆくのです。

そのための上部頸椎への矯正であり、我々の体にもうすでに備わっている自己修復力というシステムが働いて、患部や器官からの情報が正確に脳へ伝わり、そしてその情報を元に病んでいる部位へ脳からの修復のための最適な指令を送り出す事になり、これが真の修復をもたらすのです。

上部頸椎への矯正ポイントは、脳から無数の神経線維が伸びて連結しながら全身に拡がってゆく中継地点の大元にあたり、また特に自律神経の核が多く存在するポイントでもあるために、病んでいる患部だけではなく全身にも変化が現れ、自律神経の乱れも正されて体調が整ってくるのです。

自己修復力により病状や症状が自然に消滅してゆくのであって、個別の症状あるいは病状を参考にしての上部頚椎の矯正ではありません。

上部頚椎の矯正により、自律神経の乱れも改善に向かいます。

体のゆがみ矯正 手の長さチェック 施術前