お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

「夜中に何度も起きる」「よく眠れない」不眠の原因を薬に頼らずに改善

日本人の4人に1人は不眠に陥っているという最近の調査結果も出ており、不眠で悩む方の数は増加傾向にあるようです。

不眠を長く患ったままにしておくと自律神経のバランスも乱れて、動悸 不整脈や息切れ、胃痛症状、下痢や便秘、頭痛症状疲れ目 眼精疲労耳鳴りなどの症状にも悩まされやすくなります。

6時間以下の短い睡眠時間を長く続けていると、レプチンという食欲を抑制するホルモン分泌が減少して肥満を招きます。

肥満から気道を圧迫して、睡眠時無呼吸症候群に陥る可能性もあり、いびきで睡眠妨害をしてますます悪循環に陥ってしまうのです。

以下の項目に一つでも該当するものがあれば、あなたは眠りの浅い熟睡できない不眠だと言えるでしょう。

◆ 睡眠や眠気について、当てはまる項目は ?

□ 眠りにつくまで30分以上はかかる(入眠困難)

□ 3回は夜中に目覚める(中途覚醒)

□ 目覚めた時に疲れが残った感じがあり、深く眠れていない(熟睡困難)

□ 朝早く目が覚める(早朝覚醒)

□ 日中にも眠気を感じる

残業などの長時間労働により睡眠時間も減り、生活リズムも不規則で乱れがちになり、ストレスもともなって不眠のきっかけにもなることでしょう。

ぐっすり眠れないために疲労回復もままならず、首筋のこり肩こりに悩んでいらっしゃる方は、肩首の緊張からリラックスできずにさらなる睡眠障害にも苛まれて悪循環に陥ってしまいます。

上部頚椎矯正での眠りの浅い不眠対策は、自己修復力の働きにより睡眠障害をなくし快眠にできるようにカラダが変わってゆくよう促す方針なのです。施術による変化が全身に及び、交感神経優位に影響して、自律神経を乱している首のひずみにも対応します。

また、頭のゆがみがあると、脳波に関係する睡眠リズムであるレム睡眠とノンレム睡眠の正しいリズムが乱れて熟睡できなくなってしまうのですが、これは頭蓋骨のゆがみが改善されれば快方に向かいますし、寝つきが悪い、夜中に目が覚める、眠りが浅い、朝早く目が覚めるなどの対策にもなります。

不眠には、入眠困難・中途覚醒・熟睡困難・熟睡困難の4つのパターンがあります。

体のゆがみ 手の長さチェック 施術前