お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

よく眠れない、眠りが浅い等の不眠の原因を改善しましょう。

「寝付けない」、「熟睡できない」、「夜中に何度も起きる」などの睡眠障害が悩まされる不眠状態に陥ってしまったら、肩首こりの緊張をほぐしましょう。

頚椎(首の骨)の周囲には、多数の自律神経の核が存在していて、首の骨、頚椎のひずみが自律神経を刺激して交感神経が優位になると、夜中に何度も目覚める症状に悩まされるのです。

交感神経を刺激しているような頚椎の歪みがある方の場合、健康な人が眠っている時のような副交感神経優位の弛緩した体の状態とは正反対の、交感神経優位の状態が睡眠時すらも続いてしまい、覚醒して眠りが浅い状態なのです。

すなわち自律神経の乱れがある場合は、自律神経の働きが正常ではないので不眠になりやすいです。現代人はストレスを感じながら日中過ごしていることが多く、なおさらそのようになりやすいです。

そのような日中の交感神経の緊張が非常に高まっている状態から夜眠る時にすんなりと副交感神経に切り替わることができれば、眠りが深い状態になり、体も脳も休まるのです。

これら症状は、 一口に不眠と名づけられてしまいますが、 「1時間たっても2時間たっても、なかなか寝付けない」、「夜中に何度も目覚める」、「うつらうつらと眠りが浅い」、「朝の目覚めがスッキリしない」など不眠の形態は様々です。

◆ 不眠の4つのパターン

◇ 入眠困難     寝つきが悪い

◇ 中途覚醒    夜中に目が覚める

◇ 熟睡困難    眠りが浅い

◇ 早朝覚醒    朝早く目が覚める 

重度の肩こり首筋のこりに悩んでいらっしゃる方は、肩首の緊張からリラックスできずに睡眠障害にも苛まれて、疲労回復もままならない悪循環に陥ってしまいます。

眠りが浅く熟睡できない不眠を抱えている方は、よく「朝起きると、首筋や肩や腰が辛くてたまらない」と愚痴をこぼされます。

このような、酷い肩こりに陥っているケースは、 瞼(まぶた)が下がっている(眼瞼下垂)を伴っている場合が多いですし、いかり肩になっている傾向もありますから、鏡に映してご自身の姿を確かめて見て下さい。

またむち打ちは、眠りが浅いタイプの不眠の原因になるケースが多いのです。

これは追突事故による衝撃で、首の正常なカーブである頚椎の前弯が減少して首がまっすぐになることで、 「ミリタリーネック」や「ストレートネック」になって首筋がこってしまいがちになり、快眠が妨げられてしまっているということなのです。

もう一つの不眠の原因は、脳波の乱れです。レム睡眠とノンレム睡眠の2つの繰り返しが約90分の周期で4から5回あって目覚めると言われておりますが、この周期が睡眠時の脳波が乱れにより不規則になり、深い眠りに入っていけないタイプなのです。

これらのレム睡眠とノンレム睡眠が交互にリズミカルに規則正しく繰り返しながら、段々と眠りが浅くなってスッキリと目覚めて、日中に眠くならない状態が、睡眠の質と量が最適である状態だと言えます。そのような状態が維持できていれば、体調不良にも陥りにくいはずです。。

脳波の乱れには15種23個の頭蓋骨のゆがみが関係しており、それによってレム睡眠とノンレム睡眠のリズムのくるいが起きるのです。すなわち顔のゆがみが大きく出ているほど頭のゆがみも大きいということになり、顔のゆがみは睡眠障害を招きやすいと申し上げても過言ではないのです。

浅いノンレム睡眠時に発生する睡眠時ブラキシズム(歯ぎしり)は、体重くらいの荷重が奥歯にかかると言われている程で、顎への負担も大きく顔のゆがみの原因になります。

「ぐっすりと眠ってすっきりと目覚める」ことが肝心です。睡眠力さえアップできれば快適に眠れるはずですし、「目が覚めたら朝だった」となるような睡眠力がよみがえるのが理想です。

起床後には、「朝ってすがすがしい」と感じるのが理想であり、それには体調不良の改善と睡眠環境の工夫が必要です。

深部体温が急激に下がる時にぐっすり眠れますから、就寝1~2時間前の入浴は効果的です。

胃腸の中にも体内時計があり、食べ物が入ってくると体内時計が調節されます。深夜の食事は体内時計を混乱させて不眠を招くことになりますから、注意が必要です。

目覚める前に体温が下がり、起床時に体温が上がるのが正常なタイプですから、寒い夜もぐっすりと眠れていれば温かい状態で快眠して、「朝、布団から出るのが辛い」ということはなくなるはずです。

上部頚椎矯正による自己修復力の働きは、睡眠障害をなくし不眠を快眠に変えるよう促し、「熟睡とはこういうことかと分かった」と発言された方もいらっしゃいました。

施術による変化は全身に及び、自律神経を乱している首のひずみや脳波を乱している頭のゆがみにも対応いたします。

不眠が食欲を増進させるホルモンであるグレリンの分泌を増大させた結果、体重増加を招くこともあります。すなわわち「不眠は太る原因になる」と言えますし、「無呼吸で太ってしまった」ということにもなりかねません。

不眠には、入眠困難・中途覚醒・熟睡困難・熟睡困難の4つのパターンがあります。

体のゆがみ 手の長さチェック 施術前