お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

熟睡するためには、寝具の選び方が大切です・・・・・

睡眠障害を克服し安眠に導くには快適な枕も必要不可欠ですが、ここで具体的に詳しく挙げておきますので、参考にして睡眠薬に頼らない不眠対策につながれば幸いです。

一人ひとりの体型によって枕の適正は個人差のあり方程式のようなものもなく、良い枕とは寝心地が良くて朝の目覚めもさわやかで、・背中と腰などに違和感を感じないものが相性が合う安眠を誘う枕になります。

日中、重い頭部を支えて重力に耐えている首を休めるのも、一つの睡眠の目的ですが、寝る姿勢が悪いとかえって首に負担がかかり快適な眠りに入って行けません。

寝ている時の姿勢は、寝具との相性に関係しますが、敷き布団と特に枕の影響がとても大きいのです。

寝具売り場でも様々な枕が販売されていますが、首のカーブに合わない高すぎる不適切な枕を使っておられるのがほとんどです。

不眠をお持ちの方は正常な背骨のS字状カーブからも逸脱して、 「ストレートネック」、「ミリタリーネック」 のような頚椎の前方へのカーブも減少していますから、高さは3~4cmの低目の枕を利用されるのが賢明です。

横臥になった時には、肩の幅程度の高さの枕が適当ですが、就寝中は少なくとも10数回の寝返りを打っていますから、仰向けの枕の高さ設定でいいでしょう。

枕が高いのは、頚椎の前弯カーブも減少して真直ぐな形に近いタイプの方には不向きで、枕が高いと首や肩の緊張がより強くなり、リラックスしにくくなりますから不眠の方には注意が必要です。

◆ 安眠に導く枕の選び方

◇ 仰向けに寝た時に、のどや首筋に圧迫感がないもの

◇ 仰向けに寝た時に、後頭部から肩の力が抜けているもの

◇ 朝目覚めた時に、肩や首にはりや違和感を感じないもの

◇ 無理なく寝返りが打てて、枕の抵抗を感じないもの

◇ 適度な高さと弾力性  頭をのせた時に枕の中の素材が周辺によって適度なくぼみを作るのが頭部が安定する条件です。

◇ 後頭部にはりを感じないもの   起床後に頭の後ろに突っ張った感じや存在感が残るものは、まくらの高さよりも材質が固すぎるのです。

◇ 夏は暑くて蒸れない 通気性が良い素材で、冬は保温性のあること (例:夏は蕎麦がら枕、冬は羽毛枕)

◇ 枕の中の素材が出し入れ自由で高さの微調整が可能なもの

上記の条件を満たした枕をご紹介いたします。

そば打ち教室を開いておられる東京都葛飾区立石の「玄庵」さんにお願いして、 製造販売をしていただいているそば枕です。

有機農法で作ったそば殻を30cm × 50cmのファスナー付きの3層に仕切った袋の中に装填して、3層に分かれた中央は後頭部の丸みを考んがえてそば殻を少なめに入れています。

自己修復力では、これの蕎麦がら枕を上部頚椎の矯正後に休んでいただく休息用ベッドのまくらとして使用しています。

ファスナー付きですから中のそば殻は自由に出し入れできて、枕の高さ調節は自由自在で重宝しています。

個人的にはMOGUパウダービーズまくらを使用していますが、こちらも中の素材を自由に出し入れできて、枕の高さ調節は可能です。

発砲スチロールと同じ材質の極小ビーズを使用していますので、頭に馴染む感触が好きで冬以外は使用しています。

冬場には、クィーンサイズの羽毛まくらを使用していますが、布団の隙間の肩口から冷気の侵入を防いでくれますから温かくて防寒用としての目的で使用しています。

寒い国の生活の知恵であり、ふっくらと膨らんでいる羽毛まくらに頭を鎮めると頭の重みでまくらがへこみ、その沈み込みが適度なまくらの高さになり、羽毛まくらが首と肩の周りを覆ったかたちになって肩口からの冷気の侵入を防いでくれるのです。

起床後も体が温かくて温泉にでも入った後のような感じを覚えるくらいになり、お勧めなのですがあいにく国内で入手できなくて、米国のWebサイトから購入しました。

首のカーブに異常をきたしているストレートネックの状態は、喉の隙間が狭くなっていびきをかきやすいと言えますし、正常な頚椎のカーブを取り戻せばいびき改善につながりますから、安眠できるまくらは一役かってくれるでしょう。

合わないまくらは、熟睡できないばかりでな疲労回復も不十分になり、疲れがたまる一方の悪循環になれば大きなストレスがたまる一方になります。

安眠を誘うまくらは、生活必需品です。