お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

末梢の血流障害を正して手足の冷え改善

背骨のズレを正せば、手足の冷えを起こしている血行障害が軽減して、「手や足が冷えてかじかんだ感じでいる」、「足が冷たくて寒くてなかなか眠れない」など冷えによる辛い自覚症状から逃れられるのです。

背骨の頚椎または腰椎のズレが脊髄から枝分かれした神経を圧迫して、末梢の血管まで神経伝達が正常に行われなくなっていると、血管機能障害が起き血流を妨げて温度低下による末端冷え性が起きます。これが手足の冷えなのです。

つまり、背骨の頚椎と腰椎がズレて、手へ向かう腕神経叢、あるいは足へ向かう腰神経叢の神経を圧迫して、毛細血管までが血行不良に陥るのです。

赤血球は酸素や栄養を、白血球は免疫に関与していますから、手足の血行が悪くなるということは手足の冷え以外にも手や足の指にも異常を来すことがあります。

や指のしもやけやあかぎれ・蕁麻疹(じんましん)などやアトピー性皮膚炎も免疫力不足や末梢の皮膚への栄養不足が災いしていますし、なかには手や足の爪にも疾患があらわれることがあります。

上部頚椎の矯正は、末梢の手や足の指まで効果が及びますが、施術前と施術後の足指のゆがみ実例写真集をご覧いただければ幸いです。

下半身が冷えるもう一つの原因として、横隔膜の位置異常により下半身の血流障害が起きて足の冷えの辛さが続くということがあります。

横隔膜のゆがみにより横隔膜の中央を突き抜けている心臓から出た水道管のような太い血管である腹大動脈が圧迫されていると、下半身が冷えるのです。

横隔膜の近くには心臓や胃がありますから、同時に胃痛動悸や不整脈も伴う場合もあります。

※ 横隔神経が横隔膜へ向かって流れている、頚椎4番にひずみがあると横隔膜の位置が狂るい、横隔膜がゆがみますが、逆に頚椎4番が矯正されると横隔膜の位置も正しい位置に戻ります。

自律神経は血流にも関係していますから、交感神経優位が持続していると過度の血管収縮により、血行障害が生じて体温が低下し冷え性を招き、副交感神経優位が続けば血管が拡張して血行が良くなり、体温が上昇します。ただし、血管が過度に拡張しても血行が悪くなって体が冷える場合もあります。

末梢の手足の冷え性は、背骨のズレによる神経圧迫が、手や足の末梢循環障害である手先と足先までの毛細血管に至るまでの血行不良を起こしていることが原因ですから、手の場合は腕神経叢といって、頚椎4番~胸椎1番まで、足の場合は腰神経叢である腰椎から仙椎までのと腰の骨のズレが正されれば改善することでしょう。

対症療法により冷えを改善するのではなく、上部頚椎のたった一箇所を矯正(アジャストメント)するだけで、自己修復力・整体作用により背骨のゆがみも自動的に正され手足の冷えである末端冷え性も改善されます。

上部頚椎の矯正後には、脳からの指令が末梢にまで届いて血管を拡げ血流が良くなって、手や足の先が温かくなりポカポカしてまいります。

末端冷え性は、背骨のズレが原因です。

体のゆがみ矯正 手の長さチェック 施術前