お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

上部頚椎カイロプラクティックの用語集

アジャストメント (Adjustment)
上部頚椎のたった一ヵ所を、手技にて矯正することになります。
延髄 (Medulla Oblongata)
脳の中心部にあたる脳幹にあり、脳から脊髄へと流れる、神経エネルギーの中継地点。
カイロプラクティック (Chiropractic)
1895年に米国人D.D.パーマーが命名。語源はギリシャ語で「手の施術」と言う意味です。
カイロプラクター (Chiropractor)
カイロプラクティック専門に施術を行なう施術家を呼ぶ。
カンパンセーション (Compensation)
補正作用(自然防御作用)により、他の部位が二次的に歪むことでバランスを保っていること。
教育された知能 (Educated Brain)
ぎっくり腰の激痛を上部頚椎カイロプラクティックで改善。
コンタクトハンド (Contact Hand)
自己修復力を司る先天的知能(イネイト)に対立する結果となる間違った行動を起こしているのが現状である。
コンタクトポイント (Contact Point)
アジャストメントを行う手のことで、的確なコンタクトポイント(Contact Point)に接触し、正確な角度ならびに呼吸などが合わさって、有効な矯正がなされるわけです。
サイドポスチャ・テーブル (Side Postue Table)
上部頚椎矯正のための、特殊な専用ベッドで、頚椎の部位の高さと角度を調節し、ドロップ機能がついているもの。
上部頚椎テクニック (Upper Cervical Technique)
何かを加えるのではなく、妨害を取り除く(引き算)ことにより、すでに備わっているはずの、修復力(イネイト)が自然に100%活性化され、泉のように湧き出て病を源から癒します。
サブラクセーション (Subluxation)
脳→脊髄→末梢への神経伝達エネルギーの妨害がなくなり、すでに備わっているはずの、自己修復力(イネイト)が自然に100%活性化され
先天的知能と自己修復力 (Innate Intelligence)
イネイト(Innate)とは、「先天的」「生まれ持った」の意味。 インテリジェンス(Intelligence)と併せて「先天的知能(Innate Intelligence)」と呼ぶ。
対症療法 (Systematic Therapy)
原因を取り除ぞかれて根本的に回復するのではないため、また同じ症状が再発する心配も。
自己修復力の流れ方(Aboube Down Inside Out)
脳からの指令である修復力は、脳→脊髄→末梢神経にそって流れます
ディスク・デジェネーション (Disc Degeneration)
椎間板変性のことをさし、言葉通りに椎間板が変形しているということ。
フィックスセーション (Fixation)
更に悪化してしまいますから、それを防ぐために筋肉・靭帯を固定化させて、関節の可動性を制限している
ホメオスタシス (Homeostasis)
生体内部を一定の平衡状態、平常状態に保つ働きで、体内環境の生理的な調和により保持される生体恒常性をさす。
メリックシステム (Meric System)
特定の脊髄分節の機能不全と特定の器官の具体的な病気の間の関係を推定した
モビリィティ (Mobility)
特に脊椎の可動性をさす、筋肉、靭帯が固定化し脊椎の可動性が消失あるいは減少している。
ユニバーサル・インテリジェンス (Universal Intelligence)
宇宙の働き・叡智、宇宙の秩序とは、宇宙空間に存在するすべてのものの根源であり、その法則をコントロールしているのです。

上部頚椎カイロプラクティックの用語集は、自己修復力の導き方を説明しています。