お電話でのご予約の前に
必ずこちらをお読み下さい

自律神経の乱れは体調不良の最大の原因

体がいかにバランス良く機能しているがが、体調不良に陥っていない証なのですが、そのためには自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが重要なのです。

ちょうどアクセルとブレーキの関係にあるような、交感神経と副交感神経の2つの神経の均衡が保てていれば、不眠などの睡眠障害もなく疲労回復も十分なされていることでしょうし、健康を維持できていると言えるでしょう。

例えば、就寝中に体を安静にして休息状態にする副交感神経が抑えられて、体を活動させて緊張状態にする交感神経が優位に働いていれば、カラダが熟睡できるような状態ではなくなり、眠れない不眠に陥ってしまうのです。

このような交感神経と副交感神経のバランスが崩れている状態のことを、自律神経の乱れと呼んでいるのですが、体温、血圧、血糖などの代謝調節も自律神経が関与しているために、不眠だけに限らず様々な体調不良に苛まれてしまいます。

この自律神経のバランスを正常に保つことが、体調維持と健康管理に欠かせないのですが、疲れという体の信号を無視し続けていると自律神経の乱れが起きやすいので、特に働き過ぎは良くないのです。

このような無理が祟ってしまうのは、学生時代に体育会系の部活動などで辛さを無視して頑張る習慣が身についてしまっているような方に多く、過ちを繰り返しやすいタイプですから注意が必要です。

◆ 自律神経が関わっている様々な体調不良の症状

◇ 眠れない(不眠)

唾液の出が悪く、口が渇く

◇ 急に心臓がドキドキする動悸・不整脈

◇ お腹の張りや胃の痛みと下痢や便秘

◇ トイレが近く何回もおしっこをしたくなる頻尿

◇ 異常に手に汗かいたり異常に多量の汗をかく多汗症

頭痛がする、頭が重い

◇ 筋肉に異常な緊張が起きる肩こりと背部痛

◇ 体が重くてだるい

◇ 血行障害による手足の冷え

体温、血圧、血糖などの代謝調節は、自律神経の働きにより精密に調節されていますが、 このような体内環境を一定に保つ能力は、体内恒常性維持機構 (Homeostasis:ホメオスタシス)と呼ばれています。

アクセルとブレーキの関係にある交感神経と副交感神経の2つの神経が綱引きをしながら働くことで体がバランス良く機能しているので、健康維持のためには交感神経と副交感神経のバランスが重要です。

この綱引きのバランスが崩れて自律神経が乱れていると、病院で検査しても特に異常がみつからないのに、対症療法や病院巡りを余儀なくされているのが現状です。

視床下部は、自律神経の中枢にあたりますが、この部分に何らかの異常をきたした時、自律神経をコントロールする能力が大きく低下し、身体のだるさや、心身の不快感、痛みや各器官の機能不全があらわれてきます。

視床下部には脳下垂体があり、下垂体からは下垂体ホルモンといい、全身を統括しているホルモンが分泌されているので、視床下部の異常は、ホルモンバランスにも影響を与えて、体調不良はさらに顕著になります。

■ 自律神経を制御して健康に近づく画期的な施術法

自律神経を正常に働かせ、免疫力を高め、健やかな精神状態を促し、病気になる前よりも心身ともに健康な体になる可能性を秘めた施術法が上部頸椎の矯正の施術です。

上部頚椎の矯正は、たった一箇所のズレ(サブラクセーション)を、矯正(アジャストメント)するだけのシンプルな施術ですが、器官からの情報伝達と脳から全身への指令が100%的確になされるようになります。

それだけではなく、このアジャストメントにより、脳と脊髄の中継部である、視床下部のすぐ下にある脳幹の、特に延髄(Medulla Oblongata)にもアプローチいたします。

この延髄の周囲には沢山の自律神経の核が存在していますので、自律神経の障害が根源から改善に向かうよう促されます。

脳からの的確な指令により自律神経系の乱れが調整されると、複数の症状が落ち着き、不定愁訴や体調不良が改善されるのはこのためなのです。

自律神経の働きによって、体がバランス良く機能し、体調を整えます。

          対象
自律神経  
呼吸運動 消化管運動 消化液分泌 副腎髄質
交感神経 促進 抑制 抑制 アドレナリン分泌促進
副交感神経 抑制 促進 促進 分布せず
交感神経と副交感神経系
  神経の起点 末端の伝達物質 はたらき
交感神経 脊髄 ノルアドレナリン 体を活動,
緊張状態にする
副交感神経 中脳・延髄・仙髄 アセチルコリン 体を安静,
休息状態にする